レンタルAEDでいざという時に備える

目の前で誰かが倒れた、または倒れている人を発見したら、自身の安全を確認した上で救助の努力をすることは、現代社会に生きる我々に求められる役割です。状況には撚りますが基本的にただの通りすがりであれば別に義務ではありませんし、救命できなかったとして何か罪に問われる訳でもありません。しかしそんないざという時にスムーズではないにしろ何かしら助けになりたいと思う方は多いことでしょう。人命救助にて、運転免許取得の際の講習に組み込まれているように、救急要請に続いてAEDを持ってくるようにと依頼する流れがあります。

日本人の死因の上位に心疾患が挙がっており、心室細動は突然死の原因の大きな部分を占めています。心臓は大切な臓器ながら、ふとした拍子に痙攣してしまうことがあります。心室細動で知られるこの致死的な不整脈は、ある特定のタイミングでの胸への強い衝撃であったり、心筋梗塞の発作やウイルス感染、時には心臓に関係ない脳出血をきっかけにしても起きてしまいます。そんな時に救命のために必要になるのがAEDです。

心停止の原因が心室細動ならAEDを装着させて作動させれば解除が期待できますし、適応でなかったとしても心臓マッサージなどの指示を音声や文字でしてくれます。パニックになりがちな救命現場では非常に役立つ機能です。短期のイベントや施設であっても、最近はレンタルの仕組みが整ってきたのでその配備は進んでいます。レンタルの物は整備は貸付元の会社が行っているので、整備不良などの困った事態にはなりにくいのが利点です。

何かあった時に後悔しないためにも、備えのひとつとしてレンタルのAEDの利用を検討しては如何でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*