中絶手術の病院について

中絶というのは人工的にお腹の子供を堕胎することです。健康面や経済面で妊娠・出産が難しい場合、レイプによる妊娠の場合のみ許されており、妊娠22週以降はこのような場合でも中絶をすることはできません。妊娠12週以降は中期中絶となり、すでに人の姿をした赤ちゃんを薬で早産を誘発することで無理やり出産してしまうのです。この場合は役所への死産届提出の義務もあります。

妊娠出産はとても危険なことですが、人工的に流産をさせる中期中絶はとくに危険です。もしも希望するのであればできるだけ早い段階で行なうようにしましょう。初期段階であれば日帰り手術も可能ですが、全身麻酔による手術となります。医師が未熟な場合や感染症予防が徹底できていない病院では子宮トラブルが起こる可能性が高いです。

減菌対策をきちんと行なった手術室で経験が豊富な医師が行なってくれる信頼できる病院選びをするようにしましょう。術後のフォローやプライバシーへの配慮を行なってくれるところがおすすめです。また望まない妊娠をしないためにも避妊方法について聞けばアドバイスしてくれる医師・女性の目線に立ってくれて気軽に相談ができる医師を選ぶようにしましょう。精神的後遺症に悩む方も多いです。

肉体的精神的な痛みに苦しまないためにも中絶するかどうかはパートナーとともにきちんと考えてから行ないましょう。もしも行なうときにはリスクを減らすためにも信頼できる病院選びが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*