中絶手術が原因で将来不妊症になることはあるのか?

中絶手術をする人が年々増えているという統計があります。それと同時に、不妊症の治療を受けているという人も増加傾向にあります。この二つに関連性はあるのでしょうか?中絶手術をする人は若い人も多いです。未熟な体で、不足した性に関する知識により、妊娠をしてしまう。

そしてその結果どうしても産むことが出来ず中絶を選択するという人は少なくありません。しかしその手術は、件数は多く、みんながよく受ける物だから安心というわけではありません。中には手術の後に様々な影響を受けてなかなか立ち直れないという人もいるのです。その手術は掻把という手探りの手術であるために、熟練した技術を持つ医師が行わなくてはいけません。

しかし、時には組織が残存したり、傷がついて感染を起こすこともあります。傷がつくとその部分が治る時に周りの組織を巻き込んで癒着という状態を引き起こすこともあります。また感染を起こしてしまっても、それが原因で卵管が詰まったりすることもあるのです。そのために中絶手術を受けることは仕方がないことですが、そのあとの自分の体調の変化に気を付けしっかりとケアしていかなくてはいけないのです。

このケアというのは身体的なものもそうですが、精神的な面でも重要になります。中絶手術は妊娠という状態をストップさせるということなので、先進的なショックを受ける人は少なくありません。罪悪感にとらわれる人も多いでしょう。そのために周りのサポートも大切ですし、二度とこのようなことを繰り返さないためにももう一度考えなくてはいけないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*