日帰りで中絶手術を受ける

妊娠初期の中絶手術は、日帰りで受けることが出来ます。それは妊娠中期の手術と異なり、掻把をすることで手術を行うことが出来るからです。人に知られたくない、学校や仕事を休むことが出来ないという人にとっては、日帰りで手術することが出来るのは嬉しいですね。すべての人が日帰りでの手術を希望しても時には、術後の状態が悪いということも考えられますから、医師の診察と判断によって決まることが多いです。

でも多くの場合、日帰りが可能なのです。しかし中絶手術は簡単なものではありません。全身麻酔下で行いますし、掻把という技術は見えない物を手さぐりによってかき出す手術なので、危険が伴います。時には組織が残って、術後も出血が続く場合もあります。

また傷がついてしまって、そこから感染を起こすとも限りません。そのために手術は日帰りでできますが、事前の受診と術後の受診が大切なんですね。中絶手術を受ける場合、前日に受診をすることが多いです。当日の手術のために準備を行うのです。

これをすることによって手術をスムーズにすることが出来るのです。また手術の時には麻酔薬を使用します。日帰りで帰宅はできますが、その後安静が必要です。また自分での移動も難しいことがありますから、タクシーなどを使用して帰宅する必要がありますね。

そして術後も翌日、そして指示された通り回復経過を診察するために受診しなくてはいけません。すべての診察が終了するまでが中絶手術の流れなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*