現代のレンタルサービスで脚光を集めるAEDの概要

日本は世界ではじめて、レンタルサービスというものを確立した国です。最初は江戸時代の借入というものが起源で、町民は鍋や包丁、さらには布団といった家財道具を専門の商人から借り受けていました。このシステムな長崎からオランダに伝わり、その後は世界各国でも一般的となるわけです。買うよりもコストパフォーマンスが高く、不要になったら処分をする手間なく返せるというのは、現代のSDGs精神にピッタリなものといえるでしょう。

いろんなアイテムのレンタルがありますが、そのうちのひとつとなるのがAEDです。ここでは簡単に、AEDのレンタルサービスをご紹介します。まずAEDとは、全自動除細動器というのが本来の正式な名称になります。簡単にいえば救命措置用の機材で、病院や救急車に搭載をされている電気ショックと同じです。

いまではレンタルのなかでも高い需要を持っており、公共施設の大半で借入をあされています。なぜレンタルでAEDを手に入れているのか、そのカギを握っているのが単価です。専門会社は全国で1つしかなく、そこでしか開発・製造をすることはできません。いわば専売特権を駆使しているため、販売価格が必然的に高くあるわけです。

1台あたり約60万円もするので、それを複数台購入するには高額なコストを必要とします。この理由から、買うのではなく借りるというスタイルが基本となりました。またアフターサービスも受けられる点もポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*