AEDを初めてレンタルする場合の選び方

AEDを初めてレンタルする場合には、どのような点に気を付けて機種を選定すべきなのかで戸惑います。最近機種なら色々な機能を兼ね備えているので良いだろうと感じてしまいますが、実際に現場でAEDを使用する時にはシンプルな機種の方がスムーズに使いこなせるということもありますので、利用シーンを想定しながら最適のものを選べるようにいくつかの機種を比較することが大切です。レンタルで料金も気になりますが、初期費用は問い合わせをすると簡単に把握できます。注意点として電極パッドやリチウム電池には有効期限があるため、定期的にメンテナンスをしなければならず、それらの消耗品がセットになっているケースと別途料金が発生するタイプとがあります。

故障して使えないという事態を防ぐためには、セルフチェック機能も兼ね備えていることが条件です。AEDに問題が無いかを定期的に自動で点検し、もし異常が見つかればインジケーターやブザー音で知らせてくれる仕組みが多いようです。中には事前に登録しておいたメールに知らせるタイプもあります。消耗品の交換を知らせることもありますが、前もって交換すべき頃に送ってくれる会社もあります。

レンタルできる機種も色々なタイプがあり、すぐに使いこなすことができるのは音声ガイダンスによって使用者に手順を教えるものや視覚的に誘導するものです。にぎやかな場所で使う時には周りの音によって音声ガイダンスがかき消されてしまうことがありますので、音声よりも視覚的に誘導するタイプの方が適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*