レンタルAEDは心臓マッサージのリスクを減らす

AEDで知られる体外式除細動器は着々と普及が進み、今では人が大勢集まるような場所やイベントでは必ずと言っていいほど配備されています。これは建物のオーナーや事業主やイベント主催者に課せられた安全配慮義務に基いた責務の全うでもあり、また日本の社会の意識がゆっくりとですが変わってきたことの表れです。AEDレンタルの会社も増え、かつてはレンタルでは借り受けられる機器の種類が少ないなどの欠点がありましたが、今では豊富な選択肢やプランで配備をすることが可能となりました。講習会も増え、運転免許証取得の時以外でも人形相手にAEDに触れた経験を持つ人も多いことでしょう。

心臓マッサージはそれなりに力の必要な医療行為ですし、適した力とリズムで、しっかりと心臓の拍出量を保つマッサージをするのはかなり大変です。折れた肋骨が肺に刺さったりという合併症のリスクもあるので、自前の鼓動が再開してくれるに越したことはありません。AEDで除細動が叶い心拍再開すればそのリスクは最小限で回避できます。心室細動に至った原因が解除できていなければ再び心臓が止まる可能性もあるので、心拍再開したら安心かとは言い切れませんが、ひとつ大きな危機を脱することには違いないのです。

適切に使用できれば大切な命を救い、社会復帰できるまでに回復する可能性があるのがAEDという機械です。高齢化が進む日本では、いつ何時自分が救護者の立場になるかわかりません。レンタルなりリースなりは想定している使用相手や環境などにより、どちらが相応しいのかが判断されます。適した利用条件をよく確認し、より良い方法での配備をすることが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*