AEDをレンタルする時のポイント

AEDをレンタルする時のポイントですが、誰が使うのかが分からないことを考えると誰もが簡単に操作できるようなものにすることが大切です。いざという時にスムーズに使うには、直観的に使えなければなりません。急いでいるのに難しい操作説明書を読んでいる時間はなく、必要最低限の操作でも作動できるようなものでないと実用的ではないため、最近では非常にシンプルなAEDも増えているそうです。レンタルできる機種を確認し、音声ランプやガイダンスで次のステップが分かるようにしてあるものが安心です。

また、操作をする場所が暗いことも想定されますので、ランプ等で照らしてくれることも確認します。レンタルしているうちに不具合が発生したら、すぐに修理をしなければなりません。チェックのたびに逐一業者に来てもらうのは大変ですし、不慣れな人たちがチェックする場合には十分に確認できるのかも気になります。そんな時にお勧めなのがAEDが自動でセルフテストを実施できるタイプのものです。

その結果をメールで送信したり状態をランプで知らせてくれると、利用者はその結果を見れば良いだけです。様々な環境で使用されるAEDは丈夫でなければなりません。防塵機能や防水機能は欠かせないものになっていて、衝撃にも耐えられるような仕組みになっていることもポイントです。持った時に落とすことがありますので、手元の高さから落としたくらいでは壊れない機種が理想的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*