使いやすいAEDをレンタル

最近では街角でもAEDが設置されているのを見かけるようになりました。施設等で新たにレンタルするケースも増えていますが、初めてのレンタルではどのような点に注意して選んだら良いのかで迷います。基本的にAEDを操作するのは慣れた人ばかりではありませんので、簡単であることが何より重要です。いくら優れた機種でも操作性が難しくていざという時に使えなければ、設置している意味がありません。

どのようなタイプを選んでも使用する手順を教えてくれるようになっており、それに従って操作するだけでOKです。手順を教える方法ですが、主にガイダンスとパネルの二つがあります。ガイダンスは声に従って次のステップを把握できるため、静かな場所では非常にスムーズに使いこなせます。ただし、商業施設のようなにぎやかな場所では人の声等で聞こえないケースもあり、操作に戸惑ってしまうかもしれません。

また、聴覚に障害を持っている人が使用するシーンを想定すると音声だけでは足りませんので、視覚的なフォローが必要です。パネルで知らせてくれるタイプのAEDはどのような場所でも使いこなすことができますので、幅広いシーンで使用可能です。レンタルする時にはどのような状況下でも使いこなす必要があるため、一つのパターンの誘導しか掲載されていない場合にはパネルでのガイダンスがついていることを確認します。理想はパネルと音声の両方がついている機種であり、資格的に確認しつつ耳からも次のステップが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*